ヤミ金の債務整理

ヤミ金の悪質な手法

ヤミ金は一度借りてしまうと、いくら完済したからといっても安心できません。多彩な手法で、またあなたに貸し付けを迫ってきます。

 

特に気を付けたいのは、あなたの銀行口座が知られてしまった場合です。あなたが知らないうちに、その口座にお金を振り込んできて、そのお金に対して勝手に高額な利子をつけ返済を迫ってきます。

 

もしあなたがそのことを長期にわたって気が付かなかったら、大変な利子が発生してしまいます。

 

また、あなたの個人情報はヤミ金仲間で売買され、また新たなヤミ金から悪魔の誘いが・・。もしかしたら、すでにいろいろな金融会社から融資のはがきが」たくさん舞い込んでいませんか?

 

そんな中には大手の金融会社からのものがあるかもしれません。しかし、よく見るとロゴがちょっと違っていたり、名前の一文字が違っていたりといった偽ものです。

 

そんな郵便物も、また借りてもいない金融会社から督促が来て「連絡しないと裁判に持ち込みます」などといった脅しの手紙も、貴方の情報がヤミ金のリストに乗ってしまっていると言ことです。

犯罪の手口に使われることも

ヤミ金は、あなたがカモだと思うととことんまで追い込みをかけてきます。

 

例えば、返済が出来なければそのカタとして携帯電話やスマホを持っていかれてしまうこともあります。また、銀行口座をまで持っていかれてしまうこともあります。

 

たとえ、その口座にお金が全く入っていないからと、簡単に通帳や印鑑、キャッシュカードなどを渡すことは絶対にしてはいけません。それらを手に入れたヤミ金は、あなたの携帯を使って営業したり、脅しの電話を」掛けたりします。

 

 

また、あなたの口座を使って貸し借りのお金のやり取りを行います。何かあればそれすべてその名義であるあなたの責任や犯行になってしまいます。

 

さらには、今、大きな問題になっている振り込め詐欺などが使用する、電話や銀行口座にあなたのものが使われてしまう可能性もあります。そうなると、あなたはそんな犯罪の共謀者となってしまいます。

 

とにかく、ヤミ金とは1分1秒でも早く手を切ることが必要です。

関連ページ

ヤミ金に手を題してしまっていたら
もしあなたがヤミ金に手を題してしまっていたら、闇金の債務整理に対応している弁護士か司法書士に依頼することをお勧めします。通常の弁護しや司法書士では受任してもらえない場合があります。